発達支援総合研究会

発達支援総合研究会

 日頃より、発達支援に多くの方々がご尽力され、医療、教育、福祉それぞれの現場にてさまざまな支援が行われております。新潟県下越地域を中心とした支援者の障がいに関する理解・見識を深め、日常の臨床に有益な意見の交換と研究情報の交流などを行うことを目的として、研究会を開設する事となりました。
 本研究会の趣旨に、ご賛同いただけます関連領域の研究者及び支援者の皆様にご加入いただければ幸いです。


入会

 本会の会員は,本会の主旨に賛同する発達支援関連領域の研究者及び支援者とする.
会員は原則として固定形式(closed)とし,入会を希望するものは、姓名, 所属機関,連絡先を明記して,本会事務局に申し込むこととする.
 申込先
  令和元年事務局「こども発達支援所はる」
  TEL:0254-62-7200
  FAX:0254-62-7370
  当ホームページ問い合わせフォームから入会希望の連絡をお送りいただいても構いません。


概要

活動内容
症例検討会、学会参加伝達講習、セミナー主催、第3者委員会、学術研究、研究発表予演会、啓蒙活動等
令和元年活動予定日
基本的に、奇数月の第2火曜日を開催予定としております。
2020年度
 5月12日(火曜日)中止
 7月14日(火曜日)中止
 9月8日(火曜日)
 11月10日(火曜日)
 1月12日(火曜日)
 3月9日(火曜日)
開催場所
新潟リハビリテーション大学
開催時間
19:00~21:00
世話人代表
和田有子(村上総合病院小児科医師:発達外来)
令和元年運営委員(所属)
高橋圭三(新潟リハビリテーション大学 言語聴覚学専攻 講師)
本間まゆみ(NPO法人ここスタ)
稲垣仁美(はるstep)
櫻井晶(こども発達支援所はる)
参加登録施設
新潟リハビリテーション大学
こども発達支援所 はる
NPO法人ここスタ
村上総合病院 リハビリテーション科
浦田の里 相談支援事業所
活動報告
2020年度
開催日 検討内容等 参加人数
2020.9.8 ①和田有子:発達凸凹と精神疾患
②今年度の研修会及び次年度の研修について
9名
2019年度
開催日 検討内容等 参加人数
2019.5.7 ①櫻井晶:発達支援総合研究会の発足についての趣旨および会則の説明
②和田有子:村上市の発達支援についての現状と研究会の必要性についての講話
③自己紹介
19名
2019.7.9 学術発表報告
①須貝悠人:識字能力未発達のASD児に対して構音訓練を実施した1症例
②齋藤武:訪問を経て通所可能となった医療的ケア児-障害児通所支援事業の関わり-
③櫻井晶:障害児通所支援事業を開設して-放課後等デイサービスにおけるリハビリテーション専門職の重要性- 
20名
2019.9.10 学術発表予演会
①櫻井晶:新発田・村上地区学校保健研修会発表予定「こども発達支援所はるの活動報告と課題」
②齋藤武:新潟県リハビリテーション専門職大会発表予定「障害児通所支援施設での医療的ケア児の関わり」
③櫻井晶:日本摂食嚥下リハビリテーション学会参加報告
16名
2019.11.12 ケース検討会
櫻井晶:家族支援にて難渋しているケース
10名